コスプレ系飲み屋とCafe&Bar

コスプレ系の飲み屋やCafe&Barについてのブログ


コスプレ系飲み屋とCafe&Bar
お客さんだってコスプレがしたい!

基本的に池袋のガールズバーに限らず、どこの地域のガールズバーでもそうなのですがコスプレをするのは女性キャストの皆さんですよね。お客さんだって、コスプレがしたいんだ!なんて思っている方も多くはないでしょうがいらっしゃるのではないでしょうか?実際のところ、お客さんがコスプレをしてようとガールズバーの店舗さんからすれば関係ないのでお客さんがしたいと思えばしても良いんです。

ただ、コスプレをするにあたってお店のキャストさんやスタッフさんをはじめ他のお客さんに迷惑がかかるような状況でのコスプレなどは遠慮する様にしましょう。また、一人だけコスプレするの恥ずかしい!とかコスプレをしたいけど躊躇してます!という感じのお客さんがコスプレを楽しむ方法として私がおすすめするのは2つの方法です。

どちらも常時実践可能な方法ではないのですが、一つはスポーツ観戦です。私はこちらの方がおすすめなのですが、例えばサッカーの日本代表戦です。日本代表のレプリカユニフォームを着て女性キャストさんが応援しているガールズバーも池袋には多いんです。そういった皆がサッカーのユニフォームを着てコスプレをしている時であれば一緒にコスプレをして、尚且つ日本代表を応援するという一体感を味わえて二度おいしいのではないでしょうか?

もう一つの実践可能なコスプレ方法なのですが、これはクリスマスやハロウィンなどコスプレや仮装が当たり前の時期を当たり前に楽しんでしまおうという方法です。特にハロウィンに関しては繁華街全体が仮装をして歩いている人で池袋は賑わっていますので、自宅からコスプレをしていっても何ら不自然ではなくお店の中でも浮いた存在にならないという事です。

長々とコスプレについて話してしまいましたが、お客さんでコスプレがしたい!なんていうのはほんの一握りでしょうからお友達がコスプレをしたいと相談してきた時は是非一緒にコスプレをしてガールズバーに行ってあげてください。池袋のガールズバーではコスプレをしてのご来店をお待ちしております。


月に一度行われる池袋のガールズバーでのコスプレデー

今回は常にコスプレを楽しめるコンセプトCafe&Barという業態のお話ではなく、月に一度は行われる通常のガールズバーなどでのコスプレデーなどについてスポットを当てていきたいと思います。記事のタイトルを見て何故池袋?なんて思っている方もいらっしゃいますよね?それはコスプレにも強く、ガールズバー激戦区でもあるのが池袋だからです。まずは池袋の飲み屋事情についてお話しましょうか。

池袋には大きく分けて東口のサンシャイン方面に向けての飲み屋街エリアと西口から北口にかけての西一番街の区画からなる飲み屋街エリアの二大飲み屋街エリアが存在しています。その中にキャバクラではなく圧倒的な数で存在しているのがガールズバーやCafe&Barといったライトな飲み屋さんなのです。ただ、池袋のガールズバーなどでコスプレをコンセプトにしているお店が多いのかと言われればそうではないんです。池袋は素人系のお店がウケが良い為素人専門のガールズバーやCafe&Barが圧倒的に多いんです。今回取り上げたいのはその素人系のガールズバーなどで月に一度は行われるコスプレデーについてお話していきたいと思います。

コンセプトCafeなどと違う点はまず、常時コスプレをしている訳ではないのでイベント毎にコスプレのテーマが変わるという事です。ある時はメイドであったり、ある時はチャイナドレスだったりと。勿論季節もののコスプレイベントなどもありますがやはり普段私服で働かれている女性がコスプレをしている姿を見るとまた違った感動があるというものです。幾ら美味しい食べ物でも毎日食べると飽きるのと同じ様に毎日同じコスプレの女の子を見てしまうと飽きるとお考えの方には定期的に行われるガールズバーやCafe&Barのコスプレデーなどはいかがでしょうか?


コスプレの王道の秋葉原、神田エリア

前回は筆者のおすすめとしてどうしてもまずは池袋のコスプレCafeなどをご紹介したかったので大変申し訳なかったのですが、やはりコスプレの王道と言えば秋葉原・神田エリアですよね。秋葉原はもう言わずと知れたメイドCafeの流行の爆心地であり有名な@ほーむCafeの本店がある事でも有名です。その他にも中央通りから一本裏路地に入ると色々なコスプレをした呼び込みのお姉さんが立っているのがすぐにわかると思います。そして今回紹介するもう一つの神田エリアですが、秋葉原から歩いてほどなく着いてしまう秋葉原駅のお隣さんなのですが、意外とコスプレガールズバーであったりコスプレキャバクラなんていう夜のお店が多いんです。そんな秋葉原・神田エリアにスポットを当てて今日は記事にしていきましょう。

まずは、秋葉原の昼の顔ですがメインストリートの中央通りだとどこ歩いても視線に入るのが制服を着た女子高生ですよね。これは通常の制服Cafeなども勿論あるのですがJKリフレなどのJKビジネスの女の子たちも沢山いますので間違えて利用しない様に気をつけましょう。中央通りから一本中道に入ると中央通りより狭い密度の中に色んな種類のコスプレをしたお姉さんが立っているじゃありませんか。忍者のコスプレや動物系のコスプレであったり正統派のメイドさんであったり秋葉原のお昼のコスプレのお店はcafe&Barという業態のコスプレ店が多いです。ここに関しては前回の池袋のCafe&Barと一緒ですね。その分、夜になるとこの辺りはとても静かな街となります。やはり店員さんが若いのと深夜営業の許可を取っていないお店が多いのでしょうね。

そんな秋葉原の夜の顔ですが、夜は昼間と違ってメインが中央通りから昭和通り方面へと変わります。昭和通りを挟んでコスプレ系のキャバクラや、ガールズバーが点在していて昼とは違った秋葉原のコスプレ文化を楽しめます。

秋葉原の夜も良いのですが、秋葉原まで来たのであれば夜に行って頂きたいのが秋葉原のお隣神田エリアの夜になります。神田駅のすぐそばにあるソシアルビルの中にアニメ、漫画、ゲーム系専門のコスプレキャバクラであったり、ウサギ系のコスプレ専門のキャバクラなど池袋や秋葉原に負けない濃いコスプレBarが揃っています。王道の学園系のコスプレやOLなどの制服コスプレに飽きた変わったコスプレガールズバーを探されている方には神田はおすすめの土地と言っていいかもしれませんね。


3月 26, 2016, 筆者のおすすめ